詳しく知ろう

美容皮膚科のことをある程度知ったら、今度は具体的にどんな治療を行っているのかが気になってきたのではないでしょうか。

美容皮膚科では美容目的の治療が幅広く行われていて、レーザー脱毛も美容皮膚科の主力商品のひとつです。

レーザー脱毛は、エステサロンなどで行われる脱毛と原理は一緒ですが、美容皮膚科の場合は医療用レーザーを利用することができます。

そのため、高い脱毛効果を期待することができて、皮膚科としての特徴も持ち合わせているので、皮膚に異常が見受けられるような人でも脱毛をすることができる場合も多いです。

また、永久脱毛という言葉を聞きますが、エステサロンのものよりも美容皮膚科でのレーザー脱毛の方が、より永久脱毛という言葉を正しく示しているといえるでしょう。

続いてケミカルピーリングも本来は美容皮膚科の専門的な治療のひとつです。

ケミカルピーリングは、薬剤を使って肌の表面をはがして、再生を促すような方法になりますが、素人が取り扱うと肌トラブルを引き起こしてしまうこともありますので、安全性を考慮するのであれば美容皮膚科でのケミカルピーリングが無難といえるでしょう。

ヒアルロン酸注入なども行われていて、これはその名の通りヒアルロン酸を注入する方法なのですが、ヒアルロン酸といっても様々な種類があります。

美容皮膚科の適切なカウンセリングのしたで、適切なヒアルロン酸注入を行うことでより効果を実感しやすいと共に安全だともいえるでしょう。